スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

従業員に対してこんな事思ったことないですか?

50名以下の従業員を抱える経営者の皆さんや

人事担当の皆さん、人材を活かすって本当に難しいですよね。

これは決して誰かが悪いとか、能力がないというわけではありません。

ずばり、そのような人材を活かす仕組みがないからです。

仕組みとは、ここで言う人事制度のことです。

例えば次のような事を思ったり、聞いたりしたことないでしょうか?

「社員がもっと意見をあげてくれるようになれば」

「もっとやる気を出して積極的に仕事に取り組んでくれないかなぁ」

「せっかく教育してもなかなか成果につながらない」

「給料への不満があるようだ」  等と

あげるとキリがありませんね。

社員が10人以上になると目が届かなくなり個々の働きぶりや、

社員からそのような声が上がっているとは気づかないものです。

そこで必要になってくるのが「仕組み=人事制度」なんです。

しかし、誤解がないようにお伝えします。

人事制度を構築すればすべてうまくいくのか?

残念ながら、そうもいきません。

では、どうすればよいのか?

会社が成長、発展するには社員の成長が必須です。

よって、教育体制も同時に整えながら、社員教育も必要になってきます。

「やる事がいっぱいそうでやる気がなくなった」

と、思いですか?

もちろん、無理にとは言いません。対策をするもしないも自由です。

しかし、会社が大きく発展するには結果、

「人財」を活かすしかないのです。(敢えてここからは人材を人財と書きます。)

その事に気づき、早期に対策を打つ企業と、そうでない企業

大きな差はすぐに表れてきます。

人事にもスピードが大切です。

スポンサーサイト
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

従業員50名以下の企業のための人事制度

Author:従業員50名以下の企業のための人事制度
中小企業、ベンチャー企業のための人事制度
医療機関のための人事制度
人事コンサルタントのブログへようこそ。

立命館大学理工学部を卒業し、新卒で関西の医療コンサルティング会社に入社。その後、総合人材サービス会社にてキャリアコンサルタント、企業向けの採用コンサルティングを経て、「中小・ベンチャー企業、医療福祉業界に特化した人事コンサルティング会社」を設立。

シーズンモチベーション

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。