スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社員にいつまでそんなことを言い続けますか?解決方法とは

営業マンに対して
「売上を上げろ」
「お客様の立場になって行動しろ」

販売員に対して
「丁寧な対応をしなさい」
「もっと笑顔を!」

生産部門に対して
「もっと効率化!生産性アップ!」

管理部門に対して
「離職率を下げろ!採用人数を増やせ!」

と、このような言葉はどこでも耳にする言葉です。

いつまで言い続けますか?

言い続けたところで変化はありましたか?

恐らく言われた方は何だか詰められているようで

嫌な気持ちになります。

誰も命令された仕事はあまりいい気分で仕事はできません。

嫌々な気持ちは、自然とお客様に伝わり

成果にもつながりません。

私がお客だったら、無理やりなホスピタリティのサービスは

遠慮したいですね。

では、「できないのはその人の能力」と一言で終わらせますか?

採用したのは、誰でしょう。

採用とはつまり、その人の人生を預かるということです。

それを途中で投げ出しますか?どこか国の首相のように・・・。

その社員が自分から求めるような行動をするとしたら

どれほど理想的でしょうか。

売上を上げるために自分で考え行動する

お客様が満足して帰っていただくために自分で考え行動する

もっと付加価値を高めるために自分で考え行動する

このように「自分で考え行動する」を仕組みとするのが

人事制度であり、評価制度です。


これまでの命令を、その人を評価することに目を向けて下さい。

評価とは人の価値を決定することではありません。

その人が仕事に対してどれほど努力をしたかを

判断し、さらに成長を願うためのものです。

社員が成長し、売上もサービスも向上する。

求めるカタチではないでしょうか?

スポンサーサイト

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

-

管理人の承認後に表示されます

comment

Secret

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

従業員50名以下の企業のための人事制度

Author:従業員50名以下の企業のための人事制度
中小企業、ベンチャー企業のための人事制度
医療機関のための人事制度
人事コンサルタントのブログへようこそ。

立命館大学理工学部を卒業し、新卒で関西の医療コンサルティング会社に入社。その後、総合人材サービス会社にてキャリアコンサルタント、企業向けの採用コンサルティングを経て、「中小・ベンチャー企業、医療福祉業界に特化した人事コンサルティング会社」を設立。

シーズンモチベーション

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。